30代 男性でも ブログでゆるふわ生活

子供には子供の、大人には大人のちょっとした努力を繰り返す

チアダンのとっかかりこそ

土屋太鳳ちゃんかわいいー
オダギリジョーが脇役なんて面白い!から録画を開始した

序盤こそ転校生からのメンバー集め、姉妹の劣等感からチアでトップを目指さない主人公、
よくある学園ドラマ的でマンネリ気味なストーリーではあった。

(あくまで個人的な見解でストーリーについてはこれから後半で面白くなると思うので是非見て欲しいと思う)


そう、録画は毎週してあって見返してはいたが、
真面目にみていなかった気がする。

つまり、5話6話を見るまで私はチアダンを多少なめていたんだ。


中盤になり、生徒のみならず
先生方が輝きだして来たのだ。

「夢を伝える大人ももっと増えていい」オダギリジョーがチアダン部の生徒と出会い自分を取り戻し始め、過去に退学した生徒との心残りを解消するために
二週間土曜日曜に福井から東京へ通う(本当はチアのコーチを探しに、オダギリジョーは顧問)

コーチが決まった直後に事故にあい入院

そんな中で、チアダンメンバーの怪我や顧問の不在で部活の存続が危ぶままれ、
保護者が廃部活動を始める。

ここにきて、木下ほうかが立ち上がる!
ここまでのストーリーでは特に目立っていなかった木下教頭。
(「多忙化防止」を掲げるなど、いい味はだしていた)

木下ほうか教頭が校長に部活動の存続の決定権を委ねられる。
これまで廃部は仕方ないという見方だったが、
校長に全責任を任されたことによって真剣にチアダンス部の事を考え出す。


何故、過去に生徒とトラブルのあったオダギリジョーが顧問として頑張れていたかを問う。
木下ほうかなりに生徒の歩みよったのだ。

「一度くらい生徒に好かれたい」と。

不器用な大人、木下ほうか教頭。チアダンのテーマ『できっこないをやってみる』
スネ夫的存在だった気弱な人間を任された責任が変えたのだ。感動しましたよ私。


生徒が主人公の学園ドラマではなく教師も成長する学園ドラマだった。
大人も子供も楽しめる作品だと思う。

そして最後に、このドラマの見どころはサンボマスターの「輝きだして走っていく」と合わせたチアダンスだと思う。
前述したオダギリジョー事故にあい入院しているのだが、その応援でチアを披露するのだ。
これがまた感動てきだ。
「負けないで君の心、輝いていて、大丈夫乗り越えられる」特にすごい辛い事がない今でもグッとくる。

子供には子供の、大人には大人のちょっとした努力を繰り返す事の大切さを気付かされた。




意外性も大切かもしれないが、○○らしさというものが大切という事も大切だと思わされました。

8/19。ここ数日、夏、この季節にしては過ごしやすい日が続いている。
夜なんかは肌寒ささえ感じる始末だ。

だが、日中はまだエアコンは必須で、湿気が苦手は私には心強い味方だ。

そんな中、夜のコンビニにちょっと用事があり出かけたわけだが、
数分の外出だったので昼間からの繋がりもありエアコンはつけたままだった。

昼間の感じで半袖で出かけたのだが、寒い。歩けど歩けど寒い。いつもなら夜とはいえ汗は必至なはず。でも今年の8月は一味違った。

帰宅。部屋の室温は27度設定。なんと、暖かいのだ。これはつまり今年の8月の深夜はそれほどまでに低い気温になってしまっているという事なのだ。
(外が涼しいのにエアコンなんて。なんて事はいいっこなしだ、私は湿気に弱い…)


ここまで、来て何か違和感を感じないだろうか。
『暑い夏の夜が涼しく過ごせていいじゃない』

いやいや、ちょっと待て、これは少し物足りないんじゃない?

7月とか8月初旬みたいに暑くて熱帯夜続きなのはあれはあれで大変だったよ。たしかに。
誰もが「もうちょっと涼しくなってよーーーー」と思ったはず。

そう、夏らしさは大切だと思う。

例えば、せっかくの夏休みにこんなに涼しかったら子供がやたらと涼しいうちに勉強しなさいと延々勉強タイムが続くし、肌寒い中での花火は何か違う、ビアガーデンだって寒すぎてビールなんか飲めない。熱燗が欲しくなってしまうし、肝試しをしようものなら身も心も冷え上がってしまう。

つまり夏は夏らしく夏らしさが大切なんだよ、暑すぎても寒すぎてもダメなんだよ。

人も厚かまし過ぎる個性の押し売りは迷惑だが、その人らしさは大切だと誰もが思うだろう。