一般社会でまだまだ馴染みのないアフィリエイト - 20代で会社設立 現実主義な僕だって夢を叶えられる

一般社会でまだまだ馴染みのないアフィリエイト

こんにちは、めいせいです。

よく、メルマガ読者さんからのメールで、

「アフィリエイトが正直わからないよ」


といった感じの内容が届きます。


まぁ、やってる事は代理店なので
そんなに難しくないですが、

『アフィリエイト』って言葉
普段あまりきかないですもんね(汗


僕も、普段、人と集まる場で
名刺交換をしても

『アフィリエイター』どんっ!!


て、書いてる人をあまりみません。

中にはやってる人もいるかもしれないですけど、


僕なりに簡単にいうと、

アフィリエイターと営業マンが大体同じような感じです。

ネットで販売するか、リアルで販売するか。


営業マンも自社製品を扱うところから、
代理店として他社さんのを扱ったりね。

この他社さんの製品を扱う人と
アフィリエイターが大体同じです。


僕らも、自分で作ったコンテンツを販売する人もいれば、
ASPに登録されている商品を販売するアフィリエイトがある。



で、僕も営業マンの知人は多いので、
よく話されている事は。

『営業マンも人』だそうです


例えば、保険屋さん。

営業をするんだから、
勿論、テクニックやノウハウも大事です。

でも、僕らだって、
普段、営業は日々、たくさんされています。


「あー、また同じ事を言ってる」

そう感じる事もあると思いますし
保険屋さんだったら(製品に関して)同じ事は絶対に言います


つまり。僕らの心の中では大抵
「今回は買わない」っていう答えが出てるんです。


それでも、買ってしまうことってありますよね。

タイミングだったのかもしれないですど、
それ以上に、『この人だから買ったな』って事ありませんか?


別に保険屋じゃなくても、
服屋とかね。


で、何が言いたいのかっていうと、
営業マンとアフィリエイターがなるべき姿っていうのが
同じなんじゃないかと思うんですよね


なんでかって言うと、
さっきのとおりで、

◆営業マン
自社製品を販売する事もいれば、
代理店として他社製品を販売する。

◆アフィリエイター
自分で作ったコンテンツを販売する人もいれば、
ASPに登録されている商品を販売する。



みんなが同じ製品を扱う事もある環境では、
より個性が大事になってくるのが伝わればなと思います(^^)

また、こちらのメルマガ講座で
教養を深めてもらえればなと思います。
http://akmsysd5891.sakura.ne.jp/cs2/nbm/

特典で、ネットビジネス成功へのレポートがあるので
是非読んでみてください。


いつも、応援ありがとうございます。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー