平成最後の終戦日を終え、自分がどう生きたいかと言うのには、歴史が必要だった。(ある程度) - 30代 男性でも ブログでゆるふわ生活

平成最後の終戦日を終え、自分がどう生きたいかと言うのには、歴史が必要だった。(ある程度)

先日、終戦とは無関係に自分の苗字についてプライドが持てていないなと思った。
 
きっかけはとある男性が結婚の際に名義変更をするのが手間という理由で婿入りというのを聞いて、事務的に考えたらそうだなと思ったのと、芸能人の一番遠い親戚/六親等に会うという番組を見てから。
 そこで、何故だろうかと考えたらまず、ルーツも知らないし分家か本家かも知らない。お正月と言っても知り合いの話ではex前田家は本家だから親戚一同本家に集まるから帰省しなくては行けない。と自分よりも苗字にプライドを感じられた。なので私の認識では実家に行く事だけを正月。
 つまり、思い入れがないと例え苗字と言っても愛着がわかないなと思った。
「どれだけの熱量を持って自分の姓について語れるのか?」

そんな中、終戦を迎え何年も経ちようやく知る事がある。
経験者の方もようやく話せる事、書物に残せる事がある。

 私が思うのは、学校教育では教えられない事もあるか...と納得する部分もある。
 何より、小学二年生の頃、転校先の図書館に漫画があるといって読んだのが『はだしのげん』で夢(悪夢)に見て当時の臨時担任にこの漫画知っているかと相談したくらいだからだ。

 ただ、有名番組:世界の果てまでイッテQ/出川イングリッシュで見る海外の方は自国の事をよく知っている。
私はこれを自分の国を愛するポイントだなと思う。そう、すごく羨ましいのだ。
 だからといって私の場合、歴史を知ったからといって世のため人のためになるとも限らないが、今ある日本、近代社会は第二次世界大戦なくしてはない、だいいちまだ経験者は生存されているし、遠い過去の事ではないのだ。
 大河ドラマは幕末だが、各々の思いで自国を良くしよう、作ろうとしていた事が土台にあるとは思い生きていきたい。

 というわけで、恐竜の特別展にもこの夏は足を運びたいと思う。
今、生活している大地に大昔、とても大きな生物がいたなんてまさにビックロマンだ。




ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー