誰と一緒にいたいか、人にはそれぞれ責任がある。 - 30代 男性でも ブログでゆるふわ生活

誰と一緒にいたいか、人にはそれぞれ責任がある。

いつもは午前中から電車なんてなかなか乗らないのだが、
今日は台風接近からか暑さの和らぐ中を外出していた。

そこで目がいったのが、スポーツをやってそうな感じの学生さんだ。
座る場所だったり、通路に対する身の乗り出し方だったりがどうもマナーが悪い。

この子は一体何を学んでいるんだろう?


私の頭にはぼんやりとそんな事が浮かんできた


私自身、スポーツ系の部活動はやったことがないが、スポーツって礼儀のものだと思う。
スポーツに限らなくても吹奏楽だって美術だって備品は大切にするし、そこには礼儀ある。

こないだもサッカーのワールド大会があったが、
試合終了とともに両チームが握手したりユニホーム交換は、
サッカーのルールも知らない丸切り興味のない自分でもサッカーは素晴らしいと思わされる。


だが、この子からはそれが感じられなく、
いくら体を鍛えてもとてもこの子が大勢するとは思えなかったんだ。

いうなれば、スーツ姿の人が電車のマナーが悪い時に、
その人が仕事できなさそうと感じるのに似ている。

つまり、相手を思いやれていないのだ。
特別に思いやる必要もないとは思って私は生活しているつもりだが
マナーという名の思いやりは大事にしていきたいと思う。

経験からは、現在私は、会社員ではないので好きな人と仕事ができる。
実はこれはすごい事で、会社員だと様々な垣根があり好きな人と仕事ができないのだ。
まぁ、事業の兼合いはいつでもつきまとうものだと思うが、
そういう事ではなく上司が決定権を握っている事が重要なのだ。

もし機会があり、個人事業主の活動をする事があれば、
直ぐにでも体験できると思うのでオススメです。

自分の考え、発言に責任がのり、決してなぁなぁではいられない世界。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー