基本的な梱包方法 - 30代 男性でも ブログでゆるふわ生活

基本的な梱包方法

こんにちは、めいせい です。



せどりをするうえで

消耗品などの備品はもう揃えていますか?


何を用意するかは最初かなり悩むところですよね。

今回は用意する備品、梱包の仕方について簡単に説明します。





僕も最初どうすればいいのか、

何から始めればいいのか全くわからなかったので

既にせどりを始めていた友人宅へ見学へ行きました^^



見学しに行った際は

用意しるものが少なかったのにビックリしました。




まず、

『用意するもの』


B4、A4の封筒。

断熱材(プチプチ)。

クリスタルパック(ビニール袋)。


シール剥がし(ヘラもあると便利)。

のり。

セロハンテープ。




『梱包方法、本の場合』


注文のあった本の検品を行います。

カバーに値札シールがついていないか確認。

シールが残っている場合はシール剥がしを使って剥がします。
(紙性のカバーには使わないこと)

次に本を防水をかねてクリスタルパックに入れます。

伝票とともに封筒に入れ封をすれば完成です。



『梱包方法、CDの場合』

CDの場合も本とあまり変わらず

商品をクリスタルパックに入れた後に

断熱材で二巻き程度包む

という工程を加えるだけでOKです。





梱包方法については

どうしなくてはいけないという決まりがないので

作業する中で効率のよい方法をされても大丈夫です。


ポイントは

濡れないように、破損しないように。

受け取る側の気持ちが良くなるような綺麗な梱包です^^
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー