パソコン関係の本を仕入れるポイント - 30代 男性でも ブログでゆるふわ生活

パソコン関係の本を仕入れるポイント

こんにちは、めいせい です\(^o^)/



今日は全国的に雨が多いですね
千葉も大雨です;

昨晩まで仕入れに行く予定でしたが、
諦めちゃいました(^^;



自転車で仕入れに行ってるとどうしても天気には勝てません。
それに商品が濡れる可能性が高いのでできるなら行かない方がいいですね。






今日は、僕の在庫で最近売れているジャンルから
仕入れのポイントをご紹介します☆


ずばり
パソコン関係」です。


このジャンルは定番のジャンルですが、
せどりをしている方があまり仕入れていないジャンルでもあります。




というのも
パソコン関係の本は単行本コーナーの棚以外にも
雑誌コーナーの棚にも本があるからです。


「そんなの見逃す?」
とか思う方もいるでしょうが結構います。



どうして見逃してしまうかというと
せどりを始めたての方は単行本コーナーしか見れていないです(^^;




単行本コーナーでパソコンのジャンルまでサーチしたことがある!
そんな時は、もう少しって感じですね。痒いところに手が届かなかった感じです。





パソコン関係の本は単行本として出版されていても
古本屋では本の大きさ(サイズ)で勝手に雑誌コーナーに品出しされているんです。

なのでパソコン関係の本を仕入れる際は
単行本と雑誌両方のコーナーに注目する必要があります。


(せどりをしていく時はこのように色々と連想することが大事です)



では、

パソコン関係の本を仕入れる際に何に注目していくのか?



 ・馴染みのない単語でタイトルが作られていたら、まずサーチ。
  (本全般はこのサーチ基準で間違いありません)

 ・エクセルは仕入れの定番

 ・Java

 ・HTML

 ・ホームページ作成関係
  (ホームページビルダーは最新の物だけ高い)

 ・vista、Macの古いもの

 ・CD-ROM、DVD-ROM付きの雑誌




よく見かけるものだとこれくらいですね(#^.^#)


まず、馴染みのない単語でタイトルが作られていたら
高額な可能性が高いです。

これは本全般がそうなんですが、
馴染みのないタイトルのもの専門的に書かれている場合があります。

そういうのは出版がそもそも少ないのが影響してますね。
例えば、C言語とか普通に生活している中で耳にしないですよね。




次に、エクセル、Java、HTML。
パワーポイントも入れてもいいかもしれませんが

こちらはパソコン関係の本で
高値でよく売れていく商品です。
(回転率がいい)


これらは馴染みがある反面、必要性があるものです。

エクセル等は検定試験がありますし、勉強の意味で売れていきます。
最近は学校でも必須項目ですかれね。




vista、Macに関しては、

vista自体が販売期間が短かったので
それに関係した本の発行部数が少ないので高いのと
現在もvistaも使用している方はいるので売れていきます。

Macの古いものは、当時はそれほど人気がなくて
発行部数が少なかったので高くなったといった感じです。




最後に雑誌ですが、

雑誌がそもそも発行部数が少ないので高額になりやすいのですが、
馴染みのない単語のタイトルなのに加えて
CD-ROM、DVD-ROM付きだと高値の可能性が増します(^ω^)




今回、紹介したパソコン関係の本を仕入れるポイントは
僕が毎回仕入れるときに見てる全てです。

これからまた増えるかもしれませんが
今はこれで十分稼げています。


もし仕入れをどうしていいか分からない場合は
実際にマネしてみて下さい。

その中で分からない事があれば
メール等もらえればお答えもしますので安心して下さいね

↓↓↓


人気ブログランキングへ
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー